カメラマン

お宮参りからウェディングまで人生の節目は写真撮影│思い出の一枚

様々な場面で使える写真

カメラ

航空写真は、様々なところで利用されています。まず、よく利用されている所が、地図アプリです。地図を見る際に、航空写真が使われている所は多く、ビジュアルでわかりやすく地図を表記するので、道に迷うことが少なくなります。また、地図のような実用的なところだけでなく、学校の記念撮影などで航空写真を使うこともあります。校庭などに人が並び、それを上から見ると文字にしていくことで、記念日やメッセージ、学校の紋章などを残すことができます。多くの人が参加して出来上がる写真は、非常に見応えがあるものです。撮影を行なっている業者では、デザインの要望に従い、人文字に必要な人数や全体図などを提出していきます。業者の指示に従って並ぶことで、上から見て綺麗な人文字にしていくことができます。

航空写真は、高いと感じる人も多いですが、5万円から6万円程度で撮影できることも多いです。基本的に真上からの撮影になりますが、追加料金を払うことで、さらに別の角度から写真撮影を行なうということも可能です。画像のデータで納品されてくるので、その後好きな分だけ印刷を行ない、参加者全員に配ることが可能です。また、撮影時間は、しっかりと守っていくことが大切です。実際に航空機を飛ばして航空写真を撮影するので、時間に間に合わなければ、写真撮影が行えないことが多いです。記念に残る写真を撮るためにも、事前にしっかりと並んで準備を行なうことが大切です。大人数で撮影した写真は、いつまでも思い出に残ります。